アラサー 加齢臭

アラサー女性にも加齢臭が

加齢臭という言葉を聞けば、多くの人が中高年の男性特有の臭いという印象を思い浮かべるでしょう。

しかし、最近ではアラサーの女性の間でも加齢臭が強く出てしまうということで、悩みを抱えていることがあるようです。

この嫌な臭いの原因であるノミナール。この科学物質は実は、男女問わず発生しています。ですので、中高年の男性だけの問題だといわれているこの臭いは、男女問わず発生してしまいます。

ですが、女性の場合は分泌される量が少なく、体を清潔にしている場合が多いのであまり目立ちません。

しかし、最近では女性の生活も変わってきており、アラサー女性でもノミナールが多く分泌されてしまっているのです。

積極的に社会に出て、元気に働く女性が強くなってしまうという厄介な臭いである加齢臭。臭いというものは自分では気が付きにくいものです。

加齢臭対策は、現在では多くの方法がありますので、女性でも油断はせず、対策をとることが必要でしょう。

アラサー女性に加齢臭があらわれる原因

中高年の男性に多いと思われていた加齢臭ですが、最近ではアラサーの女性の間で悩みを抱えている方が多いようです。

では、なぜ最近になりアラサー女性の間でも加齢臭が話題になっているのでしょうか。ノミナールという物質は皮脂腺から分泌される脂肪酸が酸化することによって発生してします。

このような脂肪酸は、動物性脂肪を多く摂っていると多く分泌されるのです。最近では食生活が欧米化しており、お肉を多く食べるようになりました。

すると、自然と脂肪酸が多く分泌されてしまい、ノミナールが分泌されて加齢臭が発生してしまうのです。また、最近では女性も積極的に働き、職場でのストレスや睡眠不足が多くなってきています。

すると、ホルモンバランスが崩れて女性ホルモンが減ってしまいます。女性ホルモンは原因の物質であるノミナールの分泌を抑える働きがあり、ストレスや睡眠不足によって女性ホルモンが減ってしまっている女性ほど加齢臭が強くなってしまう傾向にあるようです。

ストレスや睡眠不足とは無縁でも、年齢を重ねるにつれて女性ホルモンは自然と減ってしまいます。女性だから安心だとは思わず、性別を問わず加齢臭への対策は怠らないようにしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク