加齢臭 改善

加齢臭を改善するには

加齢臭を改善する為には、まずなぜ加齢臭が発生するようになるのか原因を知る必要があります。

それまでは全く体臭というものに無縁の生活をしていても、中高年と言われる年齢になると独特の臭いに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

原因となる物質が発見されたのは、意外と最近の2000年です。発生させる原因は、体臭成分の「ノネナール」という皮膚(皮脂腺)に溜まった脂肪が酸化した(脂肪酸と過酸化脂質が酸化反応を起こした)物質です。40歳位からが発生する人が出てきますが、最近では20代の方にも中には発している人もいます。

中高年の方に多いこの独特な臭いは、40歳位を過ぎると酸化に対する抵抗力が低下するだけでなく、脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増加する事で、体臭成分のノネナールが増えてしまう事で起きます。

改善すると言うと、お風呂やシャワーを浴びて清潔にする外側からのケアを考えがちですが、それだけでは気休め程度の効果しか得られないでしょう。

何故なら、ノネナールは身体の内部から出てくるので、肌の表面についた原因物質を除いてもまた出てくるものだからです。

加齢臭を発生させる原因を予防や改善する為には、まず脂質が酸化するのを防ぎ過酸化脂質を減らす事が必要です。身体は食べ物で作られているので、これを予防改善する為にはまず食生活を見直す事が大切だという事がわかります。

これ以外にはストレスや生活習慣も関係しています。生活習慣が乱れる事で酸化を促進させる活性酸素が増加し、さらに年齢を重ねる事によって活性酸素を除去する物質は減ってしまいます。よって予防と改善の為には、身体の内側と外側両方から働きかけるのが有効です。

加齢臭の予防対策と改善方法

では、具体的に加齢臭の予防対策と改善方法について説明します。

まずは身体の内側から働きかける事が一番有効ですので、食生活を改善させましょう。脂肪が酸化する事で発生するという事を前で説明している通り、食事も同じで脂肪分をたくさん含んでいる食べ物を避けるようにしましょう。

そして予防するには、酸化を抑えてくれる栄養成分が含まれている食物を摂取しましょう。次に生活習慣を改善させましょう。

活性酸素を発生させ酸化を促進させるタバコやストレスを解消し、加齢臭を強めるお酒も控えましょう。外側からのケアとしては、石鹸やガム、スプレーなど様々なものがあります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク