加齢臭 20代

加齢臭は20代でも

加齢臭は20代でも出てきてしまう場合があるということをご存知でしょうか。加齢臭といえば、中高年の男性に見られる特有の臭いだと思われていますが、それよりも若い年齢、20代でも臭いが出てきてしまう場合があります。

加齢臭の原因となっているのは、ノミナールという科学物質です。この化学物質は皮脂腺からでくる脂肪酸が酸化しかり、細菌が混ざってしまったりすることによって起こる臭いなのです。

人の体は老化していくことによって、血管にコレステロールが溜まりやすくなります。このようにコレステロールが溜まることで、皮脂腺から脂肪酸が多く発生するようになり、ノミナールが多く出来てしまうのです。

これが、加齢臭が中高年の男性に多いとされている理由です。しかし、最近になり加齢臭の若年化が進んでおり、比較的にまだ若い20代の男性でも加齢臭が強くなってしまうことがあるようです。

この臭いは多くの人が嫌う臭いで、いくら身なりに気を使っていたとしてもこの臭いが強いだけで嫌われてしまう原因となってしまいます。

加齢臭は生活の改善により抑制することが出来るので、20代から対策をするようにしましょう。

20代からの加齢臭対策

中高年の男性に多いといわれている加齢臭ですが、最近では生活によって20代からでも強く臭いが出てしまいます。そのため、若いうちからの加齢臭対策が必要だといえるでしょう。

では、どのような対策をしたらいいのでしょうか。加齢臭は生活環境に大きなかかわりがあるといわれています。この臭いの原因であるノミナールは脂肪酸が酸化してしまうことによって出来てしまいます。

この脂肪酸は、ストレスや睡眠不足によって、通常よりも多く分泌されてしまいます。

また、動物性脂肪の多い食物、すなわち、お肉などを多く食べる偏った食事をしてしまうと、コレステロールが体内に溜まってしまい、血管にコレステロールが溜まりノミナールが分泌されてしまうのです。

ストレスや睡眠不足は仕事などで改善することは難しいかもしれませんが、食生活の改善をすることによって、加齢臭が強くなることを抑えることが出来るでしょう。

20代からこのような生活をしていれば、中高年になっても加齢臭が目立つことは少ないといわれています。今現在加齢臭に悩まされていないという方も、将来のために対策を始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

スポンサードリンク