加齢臭 場所

加齢臭が起こる場所

年齢を重ねるとノミナールという化学物質が発生し、加齢臭出てきてしまいます。

コレステロール値が高い方などはこの臭いがきつくなってしまうこともあり、どれだけ身なりに気をつけていたとしても、臭いが強いと嫌われてしまう要因となってしまいますので注意が必要です。

では、その加齢臭は具体的に体のどのような場所から発生してしまうのでしょうか。ノミナールは皮膚にある皮脂腺という汗腺から出てくる酸が発酵することによって発生します。

このような汗腺は体全体にあり、厳密に言ってしまうと体全体から加齢臭は発せられるということになります。ですが、その中でも特に強く臭いを出す箇所があります。それが耳の裏です。

耳の裏にはアポクリン汗腺という汗腺があり、洗いにくい場所にあるということも重なって強いにおいが発せられる場所です。

そのほかにも、ひたいや頭皮、首筋なども加齢臭が強く出てしまう場所です。加齢臭を抑えるために何よりも重要なのは、身体をいつも清潔に保っておくことです。

このような臭いが強い場所は重点的に洗うことによって、加齢臭を抑制することが出来るでしょう。

加齢臭の強い場所への対策

加齢臭は身体全体から発せられる臭いですが、その中でも強い臭いを発生させるのが、耳の裏側、額や鼻などの顔面のTゾーン、頭皮などです。

このような場所は比較的強い加齢臭を発生することがありますので、常に清潔にしておくことが重要でしょう。

また、その場所ごとの対策をしておくことも有効です。例えば、最近では多くの加齢臭対策グッズが販売されています。シャンプーや石鹸などが代表的です。

ノミナールという加齢臭の元となる科学物質は通常のシャンプーや石鹸では落としづらく、このようなグッズを使用して洗うと、さらに臭いを抑えることが出来るでしょう。

自分では気づきにくい加齢臭ですが、あらかじめ強いにおいが発生する場所への対策をしておけば、この厄介な臭いに悩まされること無く快適に生活を送ることが出来るでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク