加齢臭 ボディーソープ

加齢臭対策にボディーソープは効果があるのか

加齢臭には、様々な対策や予防方法があり、毎日のケアが必要です。加齢臭の原因と言われる「ノネナール」という物質は、40代を過ぎると発生します。

食生活の改善や生活習慣の改善、適度な運動を取り入れストレスを溜めないなどの身体の内側から改善を期待する他、外側からの対策としては清潔を保つための入浴や洗顔、日中あぶらをとれるウェットシート、スプレーなどがありますが、その中でもボディーソープはどのような対策と予防に繋がるのか説明します。

ボディーソープでケアする上では、皮膚が正常な状態であるかどうかが問われます。肌(皮膚)がスムーズにターンオーバーを出来なくなっていたり、汚れを溜めやすくなっているか心当たりはありませんか。

疲れを感じるときに肌が脂っぽくなるのもこのような状態である事をさします。まずは正常な肌(皮膚)の状態でボディーソープを使ってケアをすることで初めて防ぐ事が出来ます。

皮膚が正常な状態でなければ、幾らケアを行っても有効に働いてはくれません。そしてボディーソープで有効なケアをする事で肌やノネナールの原因の殺菌を行う事が出来ます。

よって、悩みがある方は、入浴の時間を有効に使う事で心身ともにリフレッシュさせ大切な時間をつくる事で改善を期待出来ることがわかります。

加齢臭対策になるボディーソープとは

では、加齢臭対策に使えるボディーソープとはどのようなものを選べば良いのか見ていきましょう。

まずは、コラーゲンに注目します。コラーゲンはご存知の通り、若々しく健康な肌を維持する為にとても大切な物質です。

加齢によって原因が作られてしまうという事は、結果肌の老化が加齢臭に繋がっているのでコラーゲンは有効な物質だと考えられます。

次は、臭いの元になるたんぱく質を分解してくれる渋柿に含まれているカキタンニンという渋みのある成分や消臭作用があるお茶の葉っぱに含まれているカテキンなどを含むチャ乾留液、殺菌を行ってくれる乳酸菌があります。

次に肌(皮膚)の雑菌の増殖を抑え、消臭の効果が期待出来るミョウバン(水に溶かしたもの)があります。次に、殺菌作用もあり身体から分泌される臭い成分を中和させ消臭効果を期待出来る重曹があります。

まだまだたくさん効果のある成分がありますが、ボディーソープを選ぶ際、このような成分をバランスよく含んでいるか目安にして下さい。最近のボディーソープには、有効な成分を含んでいるだけでなく、肌に優しく低刺激性のものも出ていますので、肌が弱い人でも自分に合ったものを選べます。

さらに入浴を有効活用するには、ボディーソープはもちろんのこと、使うタオルに消臭効果のあるハーブなどの香りを付けて使用したり、タオルを濡らして使う場合は、洗面器にハーブの精油などを数滴入れたものに浸して使ったり、湯船に酢やヒノキのおがくずやクマザサを入れたりするのもオススメです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク