加齢臭はどんな臭い?

加齢臭はどんな臭い?

加齢臭はどんな臭い? 最近よく話題になっている加齢臭。中高年の男性からよく臭ってくることが多いことの匂いですが、具体的にはどのような臭いかご存知でしょうか。

嫌いな人が多いと言われている加齢臭ですが、聞く人によってどのような臭いなのか違います。同じ臭いなのに聞く人によって印象が違うのはなぜなのでしょうか。

加齢臭というのは、2000年に資生堂により発見されたノミナールという化学物質が原因で臭ってしまう臭いです。この臭いが原因となって発される臭いに加齢臭という名称がつけられました。

ですが、その前から俗に言うオヤジ臭というものが話題になっていました。では、加齢臭とオヤジ臭はオナジものなのでしょか。

オヤジ臭というものはよくすっぱい匂いだと表現されます。ですが、加齢臭の場合はそのような臭いがすることはなく、別物だということがわかります。加齢臭は自分では気がつきにくい臭いです。

どのような臭いかをしっかりと自分で知っておき、対策をしておくことで嫌われてしまうことを防ぐことが出来るでしょう。

加齢臭はどんな臭い?の答え

加齢臭はどんな臭い? と聞くと、聞く人によってその答えが違います。それは、オヤジ臭と加齢臭を混同されてしまっている方が多く、そのために聞く人によっての印象が違うのです。

加齢臭とオヤジ臭は違うもので、加齢臭は脂肪酸が発酵されることによってにおってしまいます。では、具体的に加齢臭とはどのような臭いなのでしょうか。

人によっては違いますが、加齢臭はチーズのような臭い、ロウソクのような臭いだと表現されています。その他にも、古本の臭いだとも言われているようです。

このような臭いは好きな方もいるようで、オヤジ臭の方が嫌いだという人もいます。

しかし、イメージ的には加齢臭がしてしまうと嫌われてしまう原因となってしまいます。

最近では加齢臭への対策は多くありますので、嫌われてしまう原因を予防、防止するためにも、油断せずに対策をしておくことが必要です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク