加齢臭 薬

加齢臭を発生させないための薬・物質とは

加齢臭を発生させないための薬や物質とは、一言で言えば、「加齢臭の原因物質を作らないようにする薬・物質」という事になります。

中高年の方々が、皮脂が酸化してノネナールという物質が作られる事によって、男女問わず発する(男性だけが発しているわけではありません)嫌な体臭を、「加齢臭」と言います。

つまり、加齢臭を発生させないための薬や物質とは、大雑把に言えば、抗酸化作用を持つ薬や物質、活性酸素をなくす作用のある物質を減少させない薬や物質、そして、ノネナールの生成を阻害する薬や物質という事になります。

加齢臭を発生させないための薬や物質は、次のとおりです。

まずは、抗酸化作用を持つ薬や物質についてはビタミンB・C・Eやポリフェノールなどが、ノネナールの生成を阻害する薬・物質としては、大豆サポニンなどが知られています。

また、活性酸素から身体を守る働きをする物質をスカベンジャーと言います。

スカベンジャーについては、にんじんなどの緑黄色野菜にも含まれていますので、緑黄色野菜を多く摂取する事によってお通じを良くし、便秘を解消する事によって腸も働きが良くなり、結果的に体内に残っている老廃物を取り除く事によって、加齢臭を発生させる物質が生成されるのを阻害するという効果もあるとの事です。

加齢臭自体に効果のある薬・『ササヘルス』について

加齢臭を発生させないための薬・物質について、前章で書きましたが、ずばり、加齢臭自体に効果のある薬としては、「ササヘルス」が知られています。

「ササヘルス」とは、熊笹から抽出されたエキスを100パーセント使った薬で、メーカー側の説明によると、体臭を除去するだけではなくて、口臭にも効果があり、その他、口内炎や疲労回復、そして、食欲不振にも効果があるとの事です。

その効能だけを聞くと、「ササヘルス」が何故加齢臭に効果がある薬なのかさっぱりわかりませんが、次のメーカー側の説明を聞くと、納得出来ます。

まずは、「ササヘルス」は、口の中の粘膜を守る事によって口内炎を抑え、そして、口から食道、その先にある胃の粘膜にも作用し、さらにその先にある腸にまでその機能を高める効果を生みだします。

そして、胃腸の機能を高める事によって、新陳代謝が上手く働かない事で発生する加齢臭などの体臭を抑える効果を作り出すと言うのです。

つまり、「ササヘルス」も突き詰めれば「加齢臭の原因物質が生成されるのを阻害する薬」だという事になります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク