加齢臭 耳

加齢臭は耳から

加齢臭は耳から発せられるということをご存知でしょうか。中高年の男性に多いといわれ、悩みを抱えている方も多い加齢臭ですが、この臭いは耳から発せられるといわれています。

耳は体を洗う際にも、つい洗い忘れがちな箇所です。しかし耳の裏にはアポクリン汗腺という体臭の元となる線があるために、清潔に保っておかないと臭いが出てしまう場合があるのです。耳から出てしまう臭いというのは若いうちには目立ちません。

しかし、加齢臭の元となるノミナールは、30代から40代になると多く出てきてしまいます。若いときのように、体の隅々まで洗うことなく耳の裏を洗い忘れてしまうと臭いが目立ってしまうかもしれません。

加齢臭を防止、予防する方法はいくつかありますが、それらの方法の中でも一番重要なことは、常に体を清潔にしておくことです。

ですので、年齢を重ねれば重ねるだけより隅々まで、体中を清潔にしておくことが重要だといえるでしょう。

加齢臭の元 耳の洗い方

加齢臭は耳から発せられる臭いです。他にも加齢臭が発生する箇所はありますが、耳は洗い忘れてしまうことの多い場所です。加齢臭を抑えるためにはこのような細かいところも残さず洗うことが重要だといえるでしょう。

耳を洗う、といっても、加齢臭が出てくる耳の裏を簡単に洗って満足していないでしょうか。もちろん、耳の裏というところはアポクリン汗腺がありますので丁寧に洗うことは重要ですが、耳の中を洗うことも忘れてはいけません。

男性の場合、30歳を越えたあたりになると耳の中や周りに生えている産毛が多く、堅くなっていきます。そうすると臭いが発生する原因となってしまうのです。

そのため、お風呂に入った際などに、泡を立てない洗顔料や石鹸などで耳の中をやさしく洗うといいでしょう。

その後、耳の石鹸を洗い流すときに水が耳の中に入らないようにすることが重要です。耳の裏を洗う場合には、髪の毛の生え際の方までしっかりと洗いましょう。

加齢臭を予防、防止するためには耳の手入れをすることが重要です。加齢臭を防ぐためにもいつも清潔にしておくことを心がけましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク