加齢臭 耳の後ろ

加齢臭は耳の後ろから

加齢臭は中高年の男性の悩みのひとつとなっている、年齢を重ねた男性に多くみられる厄介な臭いです。動物性脂肪が多く含まれた食生活などをしている場合にはこの臭いが強くなってしまう傾向にあります。

では、この加齢臭を強く発生させている箇所はどこなのでしょうか。実は加齢臭は身体全体から発生する臭いです。身体の皮脂腺から分泌される酸が発酵し、ノミナールという化学物質を作ります。

そのノミナールが加齢臭の原因となっています。ですが、特にこの臭いを強く発生される箇所があります。それが耳の後ろです。

耳の後ろにはアポクリン汗腺という汗腺が多く存在し、加齢臭を強く発生させます。また、普段身体を洗うときでもつい忘れてしまいがちな場所でもありますので、それがさらに臭いを強くする原因ともなっているのです。

このような場所が臭いの発生源ですと、自分で臭いを確かめることも難しいですので、自分では気付いていないだけで加齢臭を発生させてしまっているかもしれません。

そうなると嫌われてしまう原因ともなってしまいますので、耳の後ろも忘れずに、いつも清潔にしておきましょう。

加齢臭と耳の後ろの関係

加齢臭は身体全体から発生してしまいますが、その中でも特に強く臭いを発生するのが耳の後ろです。

耳の後ろにはアポクリン汗腺があるために強い臭いを発するのですが、耳の垢が柔らかい人ほどアポクリン汗腺が多いといわれています。

アポクリン汗腺が多いと、当然耳の後ろから発生する臭いも強くなりますので、確かめてみるといいでしょう。加齢臭の原因となっているノミナールという科学物質は通常の石鹸などでは完璧に落とすことは難しくなっています。

ですが、最近ではノミナールを効果的に落としてくれる石鹸も販売されていますので、そのような石鹸を使用して耳の後ろを清潔にしておくと、加齢臭を抑えることが出来るでしょう。

忘れがちで臭いが出ているかどうかわかりづらい耳の後ろという加齢臭が強く発生する箇所ですが、忘れることなくいつも清潔にしておくことが肝心です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク