加齢臭は何歳から臭う?

加齢臭,何歳から臭う?

最近になり話題になっている加齢臭。嫌いな人が多く、いくら身なりに気を使っていたとしても、その臭いが強いだけで嫌われてしまう原因となってしまっている厄介な臭いです。

現在ではこの臭いに対する対策グッズも多く販売されており、解決する方法も生まれています。そんな話題になっているこの臭いですが、加齢臭は何歳から臭う? と疑問を持っている方も多いようです。

確かに、加齢臭というだけあり、年齢を重ねなければ臭わないのではないかと思っていらっしゃる方が多いようです。では、具体的にどのくらいの年齢から臭いは出始めるのでしょうか。

そもそもこの臭いというものはノミナールという、皮脂腺から出る脂肪酸が酸化して出来てしまう化学物質が原因です。このノミナールは年齢を重ねることによって分泌されやすい物質です。

ですが、最近では生活の環境が変わり、加齢臭が出てきてしまう平均年齢も若くなっているようです。

今現在の、加齢臭は何歳から臭う? という疑問は、生活の環境が変わらないとどんどん若くなっていくかもしれません。

加齢臭は何歳から臭う? の答え

加齢臭は何歳から臭う? という多くの方が抱える疑問にお答えします。

加齢臭はその名称から中高年の男性特有の臭いだと考えられています。実際に、この臭いが初めて発見された2000年には40歳から50歳にかけての男性に見られる臭いだと言われていました。

しかし、その対象となる年齢は生活の環境が変わったことによって変化しているようです。現在の加齢臭が臭ってしまう平均の年齢は、30代後半からだと言われています。

数年前よりも年齢が変わっているのは、食事欧米化していることや、ストレスを感じることが多く睡眠不足が多い生活を過ごす方が多いことが原因です。

今では、早い方で20代の後半から既に加齢臭が強くなってしまっている方もいるようです。中高生の男性だけの臭いとされていたこの臭いですが、最近では女性でも加齢臭が強い方がいるようです。

まだ若いから、女性だからといって油断せずに、対策を始めることが重要だといえるでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク