加齢臭 臭い

加齢臭の臭いについて

加齢臭とは、中高年の独特な臭いの事で、男性だけに見られると思われがちですが、男女ともに加齢臭はあります。

加齢臭とは具体的にどのような臭いがするのかと言えば、ロウソクや古い本、そしてチーズのような臭いという表現を使われる事が多いです。

これらを見て、「あれっ、ろうそくや古本、チーズが嫌な臭い?」と不思議に思われた方もいらっしゃると思いますが、加齢臭の臭いの元の原因物質・ノネナールの臭いは、嫌な臭いではないのです。

ですが、それと他の臭いを複合させると、話は別です。

ある研究によると、40代の男性が数日間、ずっと着続けていた肌着から皮脂を抽出し、空気中に置いて酸化させる事によって発生した臭いを分析すると、アルデヒド類や酢酸、イソ吉草酸などの成分が検出されたとの事です。

酢酸は文字通り酸っぱい臭い、そしてイソ吉草酸は足の臭いや納豆の臭いとの事ですので、それとノネナールの臭いが混ざった臭いたるや、凄まじいものだという事は想像出来るかと思われます。

そして、前述のとおり、加齢臭とは男女ともに発生するものなのにもかかわらず、中高年の男性特有のものという、間違った認識があるのは、加齢臭の元になる皮脂の分泌量が、女性は年齢を重ねるとともに減ってゆくのに対して、男性はその分泌量がそれほど減りません。

さらに、男性は60代になると、臭いを感知する嗅覚の働きそのものがにぶくなるという報告があります。

つまり、自分が加齢臭を発しているにもかかわらず、その臭いがわからないという事につながります。

加齢臭の臭い対策について

たかが「加齢臭」と馬鹿には出来ません。

その加齢臭のために熟年離婚、という事態も実際に起こっているという話も耳にした事があります。

それでなくとも、嫌いな臭いを我慢する事は耐えがたい事です。

「妻や娘が自分を愛してくれるなら、自分の加齢臭の嫌な臭いにも耐えてくれるはず」なんて思っていたら、本当に家族から見捨てられますから、要注意です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク