加齢臭 ノネナール

加齢臭の原因ノネナールとは

加齢臭の原因である物質が、聞き慣れない言葉ですが、「ノネナール」という事が2000年12月11日に資生堂の研究所により発見されました。

加齢臭は中高年特有の体臭とされ、20歳~70歳位までの男女のtシャツに付着している成分を調べたところ、40歳を過ぎた年代にこの成分が見つかりました。

男女ともに差がなく自分や自分が身に付けていた衣類などからチーズや古本などのような臭いを感じたらほぼ加齢臭です。

また、人間は40歳を過ぎると酸化を抑える能力が低下する一方脂肪酸と過酸化脂質の分泌量は増加する為、ノネナールが増えやすくなります。

ノネナールは皮脂腺と言われる場所から発生し、そこに溜まったパルミトオレイン酸と過酸化脂質が反応し酸化したものです。簡単に言うと、脂肪分が酸化したものです。

改善する為には、その酸化を防がなければなりません、また、不飽和アルデヒドのノネナールを抑制する為に、脂肪酸のヘキサデセン酸を抑制する抗酸化剤と抗菌剤が有効です。

ノネナールが発する加齢臭のメカニズム

ノネナールが発する加齢臭のメカニズムは、血管の中に溜まったパルミトオレイン酸(老廃物)が酸化され皮脂腺に発生します。

また、加齢臭の原因物質ナノネールを除くことは出来ても、ナノネールが生成される過酸化脂質を除去しない限り加齢臭を完全に除去する事は出来ません。

そこで過酸化脂質を減らすには、過酸化脂質を活性化させる動物性脂肪を控え、低脂肪で高繊維食品や植物性食品をとるように改善する事が有効になります。

そして酸化を促進してしまう活性酸素を増やす原因である刺激物を控えることも大切です。

加齢臭の原因であるノネナール対策

加齢臭の原因であるノネナール対策を具体的に挙げると、脂肪分の多い揚げ物や肉、卵黄などを控え、強い抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンEの他、カテキンやポリフェノール、βカロテンなどを含む食品を積極的に摂取し、刺激物であるタバコや酒などを控え、ストレスを溜めない事が大切です。

また、食生活の改善が厳しい場合には、活性化酸素対策として抗酸化作用のあるサプリメントを摂取する事でも加齢臭の改善が期待出来ます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク