加齢臭 成分

加齢臭の成分とは

加齢臭の成分とは、以外に思われるかもしれませんが、嫌な臭いを発する成分ではありません。

たとえば、加齢臭がどのような臭いなのかと聞かれた時に、「ろうそくのような臭い」と表現される事がありますが、それは加齢臭の成分の中に、「パルミトオレイン酸」という、脂肪酸があるためで、それ単体では嫌な臭いとは感じられません。

(ろうそくの臭いが嫌いな方にとっては嫌な臭いと感じられるかと思われますが)

ですが、人間が皮膚に持っている菌、いわゆる「常在菌」にパルミトオレイン酸が分解されると、「ノネナール」という成分に変化します。これが加齢臭の嫌な臭いの元になるのです。

加齢臭の成分であるノネナールは、喫煙や西洋化した食生活などの影響で増える事があります。つまり、加齢臭の成分を作らないようにするためには、日常生活を見直す事が必要だという事になります。

たとえば、油っこい食べ物をよく食べていたりすると、皮脂の多量の分泌につながりますので、結果として加齢臭の成分・ノネナールを作り出す原因になってしまいます。

また、過度の喫煙・ストレスも加齢臭の成分を作り出す原因となる場合があります。

つまり、加齢臭の成分を作り出さないためには、油っこい食べ物を過剰に摂取しない事と禁煙(禁煙する事が望ましいのですが、どうしても無理ならたばこの本数を減らす事)、そして、ストレスを解消する事です。

加齢臭の成分を作り出さないためには

常日頃の生活習慣を見直すという事以外での加齢臭の対策を立てるとすると、加齢臭の成分を作り出さないために、身体を清潔にするという方法があげられます。

中には、「毎日お風呂に入っているにもかかわらず、加齢臭がする」という方も結構いらっしゃるかと思われます。

そのような方は、衣服などをこまめに洗う事をおすすめします。

衣類に付着した皮脂が嫌な臭いを発している場合があるからです。

見落としがちなのが、コートやスーツなど、基本的に季節の変わり目にしかクリーニングに出さない衣類に付着した皮脂です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク