加齢臭 食事

加齢臭と食事の関係

加齢臭はノミナールという脂肪が発酵して出来てしまったものが原因なのですが、このノミナールの発生を、普段の食事を工夫することで抑制することが出来ます。

加齢臭といえば、中高年の男性に多く見られる嫌われる原因となってしまっている厄介な臭いですが、少し前まではあまり話題になることはありませんでした。

それは、昔の人の場合はあまり加齢臭が現れていなかったと考えることが出来ます。では、なぜ現在になって加齢臭が話題になっているのでしょうか。

その原因のひとつに、食生活の変化があります。穀物や野菜、魚が中心だった昔の日本の食事とは違い、最近では動物性脂肪が多く含まれる、欧米型の食事をする家庭が増えてきました。

このような動物性脂肪は加齢臭の元である脂質の分泌を増加させてしまいます。

また、動物性脂肪は加齢臭を抜きにしても、過剰に摂取をしてしまうことによって動脈硬化などの原因になってしまいますので、健康のためにも動物性脂肪の取りすぎには注意が必要でしょう。

加齢臭を抑制する食事

加齢臭は普段の食事を見つめなおすことによって、原因であるノミナールの分泌を抑制することが出来ます。

では、どのような食品を食べればいいのですが、加齢臭を抑えるためには、その臭いの原因であるノミナールの発生を抑制すればいいのです。

ノミナールは皮脂腺から出てくる脂肪酸が発酵することで発生してしまいます。ですので、抗酸化作用の強いビタミンCや、ビタミンEを多く含む食品を食べるといいでしょう。

ビタミンCが多く含まれている食品は、主に緑黄色野菜や果物です。そのほかにもイモ類や緑茶などにもビタミンCが多く含まれています。

ビタミンEが多く含まれている食品は、緑黄色野菜、果物、魚類や、ピーナッツなどの豆類にも含まれています。

動物性脂肪の摂取を抑え、ビタミンC、ビタミンEなどの成分が多く含まれる食物を食べることで、加齢臭は抑えることが出来ます。最近自分の加齢臭が気になっているという方は、まずは身近な食生活から見直してみるといいでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク