加齢臭とは

加齢臭とは

最近話題になってきている加齢臭というものをご存知でしょうか。特に中高年の男性の体から発せられることの多い臭いということなのですが、この加齢臭とはどのようなものなのでしょうか。

加齢臭、エイジングノートとも呼ばれているこの臭いは最近になり話題になってきた体臭です。ブルーチーズのような特徴的な臭いで、この臭いを嫌う人は多いようです。

ですので、ファッションや身だしなみにどれだけ気を使っていたとしても、この加齢臭が体から臭ってきてしまっていたらそれだけで嫌われてしまう可能性があるのです。

中高年の男性に多いとされているこの加齢臭は、実を言うと年齢、性別を問わずに臭ってしまうことがあります。

そのため、まだ若いからとか、女性だから大丈夫などと安心していると、ある朝目覚めたときにショックを受けてしまうかもしれません。

現在では加齢臭を予防、解消することの出来るグッズなども多く登場してきてしまうので、この嫌なにおいから開放されるためにも日ごろからの努力を欠かさないようにしましょう。

加齢臭とはノネナールが原因

特に中高年の男性に多くあらわれ、嫌われてしまう原因となってしまっている加齢臭ですが、この臭いはどのようなことが原因で出てきてしまうのでしょうか。

加齢臭の原因と言われているのが、ノネナールという科学物質です。このノネナールは皮脂腺から分泌される脂肪酸が発酵すると出来てしまうもので、加齢臭の臭いの元となっています。

中高年の男性には、若い時期には少ない、ノネナールの原因となってしまうヘキサデセン酸が多く分泌されてしまいます。それに加えて、年齢を重ねることにより発酵に対する抵抗力も少なくなってしまいます。

これが、中高年の男性に加齢臭が多い原因なのです。このノネナールという化学物質は女性にも現れるのですが、皮脂腺の発達には男性ホルモンの働きが重要なために、臭いは少なくなっています。

ですが、最近では生活の変化、食生活の変化などにより、女性の中でも男性ホルモンが多く分泌され、加齢臭が臭い安くなっているということもありますので、十分に注意が必要です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク